ミシンちょいテク講座

ミシンの小ワザ

シェルタック

シェルタック

シェルタックとは、名前からもわかるように貝がらのように丸みのあるひだを、直線状にならべたようなステッチです。ピンタックの変形で、ピンタックに比べ、曲線的でやわらかい立体的なステッチで、主にブラウスの前身頃などによく使われ、クラシカルな雰囲気がよく出ます。

縫い方
シェルタック
  1. ①バイヤス(※)地を二つ折りにします。又は布をバイヤスに二つ折りします。

    ※バイヤスとは、斜めという意味。縦地や横地の布目に対して45°に裁断したり折ったもの。

  2. ②右側が、『わ』になるように押さえの下にセットします。
    右の針落ちが布の折り山のきわ(布の外側)に落ちるように縫います。ミシンの糸調子は6~8と強めにセットすることで布が左側に引き寄せられ、貝がらのような形となります。
  3. ③縫い終わったらアイロンでタック部を片側に倒します。
    貝がらのような、かわいいタックの出来上がりです!
    是非お試しください。
用途
ブラウス・子供服・エプロン・カバー類など
適した布
ローン・ソフトデニム・ゴース・ブロード・ジョーゼットなど
やわらかい布のほうがきれいに仕上がります。
作品イメージ
シェルタック

ミシンの小ワザ 一覧

  1. Vol.01 シェルタック
  2. Vol.02 スカラップ
  3. Vol.03 スモッキング
  4. Vol.04 アップリケ
  5. Vol.05 手縫い風ステッチ
  6. Vol.06 まつり縫い
  7. Vol.07 ビーズ押さえ
  8. Vol.08 ミシンの糸の準備
  9. Vol.09 送りジョーズ
  10. Vol.10 レザー押さえ
  11. Vol.11 かがり縫い

PAGE TOP