ミシンちょいテク講座

ミシンの小ワザ

かがり縫い

多くの生地は糸を織ったり編んだりして作られています。切りっぱなしでそのままにしておくと、布の端がどんどんほつれてしまうため、布の始末が必要です。
布端をほつれないように始末することを「布をかがる」といい、家庭用のミシンでかがり縫いができます。
生地の種類やミシンによって使う押さえや模様が違うので、ご注意ください。

使用する押さえの種類
縫い方
たち目かがり押さえ/縁かがり押さえを使う場合の注意

押さえのガイドに布端を合わせて縫う
(縫う前に必ず押さえの針金に針があたらないことを確認してください。)

ワンポイントアドバイス
① 普通地~厚地

使用押さえ:たち目かがり押さえ/縁かがり押さえ

使用模様

レザーのペンカバー

ガイドに布端を合わせて縫います。

ビニールポーチ 縫い上がり
② ほつれやすい普通地 A

使用押さえ:縁かがり押さえ

使用模様

レザーのペンカバー

ガイドに布端を合わせて縫います。

ビニールポーチ 縫い上がり

※縫い目がロックミシンのものに
似ている。

③ ほつれやすい普通地 B

使用押さえ:サテン押さえ/基本押さえ

使用模様

レザーのペンカバー

模様のいちばん右側の針位置が
布端より少し外側になるように
布をガイドして縫います。

ビニールポーチ 縫い上がり
④ 伸縮性のある生地

使用押さえ:基本押さえ

使用模様

レザーのペンカバー

縫い代を少し多めにとって
縫います。

  ビニールポーチ

余分なところを縫い目近くでカットします。

ビニールポーチ

縫い上がり

⑤ 普通地を2枚合わせてかがる場合(合わせ縁かがり)

使用押さえ:たち目かがり押さえ/縁かがり押さえ

使用模様

レザーのペンカバー

生地を2枚合わせてガイドに
布端を合せて縫います。

ビニールポーチ 縫い上がり

※たち目かがり押さえ/縁かがり押さえのいずれかが標準付属のミシンの場合もあります。
ミシン取り扱い説明書をご参照ください。

ミシンの小ワザ 一覧

  1. Vol.01 シェルタック
  2. Vol.02 スカラップ
  3. Vol.03 スモッキング
  4. Vol.04 アップリケ
  5. Vol.05 手縫い風ステッチ
  6. Vol.06 まつり縫い
  7. Vol.07 ビーズ押さえ
  8. Vol.08 ミシンの糸の準備
  9. Vol.09 送りジョーズ
  10. Vol.10 レザー押さえ
  11. Vol.11 かがり縫い

PAGE TOP