JANOME日記

野沢先生のワンポイントレッスン


今日もキルトフェスティバルはすごい人でした!!

お昼すぎなのに、入場口は長蛇の列です!?

201601221

本日14時からは、アリーナステージで野沢先生のワンポイントレッスン♪
「ミシンを使った手描き風の刺繍」がありました。

ステージでセッティングのお手伝い。

201601223

ステージの前に集まる人、
モニターの手元映像を客席から見る人、
たくさんの方々が熱心にご覧になっていました。

201601224

先生があまりに遠いのでグイグイと前へ。。。

IMG_5907

先生はミシンを購入なさった時には、
すべてのステッチを実際に縫って、サンプル帳を作っていらっしゃるとか。
そうすることで、図化されたステッチの見本ではわからない
風合いや、雰囲気を知ることができ、作品づくりに役立つのだとか。

そのほかにも、キルト作品を作る前の下準備の仕方、
作品づくりの作業工程などなど、へぇ~ほぉ~と感心するような内容ばかり。

ステッチとステッチを組み合わせて作ったオリジナルステッチで作った作品がこちら。

201601222

麦の穂は、絵具や色鉛筆を使うように、糸の色を微妙に使い分けることで、
作品に深みや面白みがでてきます!ステキ!

201601226

新しいミシンに搭載されている機能「バリアブルジグザグ」を使っての
表現の仕方なども、丁寧に解説いただきました。

IMG_5911

ミシンで縫う=まっすぐ。
ジグザグ=等幅という概念を壊す自由なラインが
キルト作品をより面白く仕上げてくれそう!と
見ている皆さんの創造力を刺激する内容ではなかったかと。

そして最後にあとしまつ。
作品を作る時に使った材料、試したステッチなどなど
創作の過程の記録をノートにきれいにまとめられていました。
大変な作業ですが、次の作品を作る時に見返すと
いろいろな発見があり、イメージが広がっていくのだそうです!!

さすが!先生!!そういうさまざまな影の努力があって
あのすばらしい作品の数々が生まれるわけですね~。
でも、それをすべて楽しんでやっていらっしゃるのが印象的でした。。。

野沢先生のように、みなさんにもたくさんの機能を使って
楽しくソーイングしていただきたい!と
改めて思ったステージでした。

第15回東京国際キルトフェスティバル


本日よりキルトフェスティバルがはじまりました!!

初日から、とにかくすごい人、ひと、ヒト!です!!

201601213

キルトフェスティバルは回を重ねて15回目となりますが
近年、益々熱気が増しているのを現場にいると肌で感じます。

明日は14時からアリーナステージで、
世界最高峰のキルトショー「World of beauty IQA Houston」
アートアブストラクト部門で1位を受賞した野沢典子先生の
ワンポイントレッスン「ミシンを使った手描き風の刺繍」も開催されるので
そちらも楽しみです♪

明日もたくさんのお客様のお越しをお待ちしています!!

20160121

キルトフェスティバルイブ


本日は昨日に続き、朝から水道橋で
キルトフェスティバルのブース設営を続けています。。

昨日は骨組みだけだったブースも
だんだん仕上がってきました。
看板だけでなく、お花まで♪

S__3678235

昨年発売されたミシンも、ずらりとならび壮観です。

20160120②

明日からお客様たちをお迎えするんだと思うと
身も引き締まり、みんな必死です。

スタンドから見ると真正面に赤い「JANOME」の文字。
企画展を抜けるとすぐです!

S__3678239

キルトフェスティバルは
明日1/21~1/27の7日間です。
たくさんのご来場を心よりお待ちしております。

 

JANOME日記 トップへ