JANOME日記

レシピ紹介【直線縫いでできる2つ折りサコッシュ】


 

皆さま、こんにちは♪

だんだんと暖かくなってきましたね。

お店には春物が並べられていますが、たまには手作りしてみませんか?

既製品のように特別なデザインではないですが、愛着がわき、気分も上がりますよ。

今回のJANOME日記では、簡単にできる作品のレシピをご紹介いたします♪

 

本日は「直線縫いでできる2つ折りサコッシュ」!

お財布と定期入れがすっきりと入り、ちょっとしたおでかけに便利ですよ。

IMG_9436

 

 

材料 所要時間:約1時間

〈今回は小サイズをつくります〉

1.

・表布A・B…30cm×23cm

・裏布 ………58cm×23cm

・タブ用テープ…2cm幅×5cmを2本

・ショルダーひも…100cm(身長に合わせて調節してください)

マジックテープ2cm幅×4cm 

折った部分で閉じるので、マジックテープはなくてもOK!

2

 

~さっそく作っていきましょう~

 

1.タブ、マジックテープを縫い付ける

①図の位置にタブを二つおりにして「わ」を内側に置き、縫いしろ5mmで縫う(反対側も同様)

※タブがついていない下半分を「下側」とします

2.

②裏布の左右中心、上から2cmの位置にマジックテープを縫い付ける

(縫いしろ2mm、反対側も同様)

15

 

2.表布A・Bと裏布を縫い合わせる 

※縫いはじめと縫い終わりは返し縫い

①表布Aの下側と表布Bを中表で合わせ、縫う

4.

② ①で縫った表布と裏布を中表で合わせ、袋口を縫う(反対側も同様)

 

③ ②で縫った袋口同士を合わせてわきを縫う

※裏布側に返し口10cmをあけておく

④角の縫いしろをカット(4か所)

6.

 

3.仕上げ

〇お持ちの方はG押さえ(まつりぬい押さえ)を使ってみましょう。

針位置(または縫い目の幅)は0.0にしてくださいね。

10

*お持ちでない方は基本押さえをご使用ください。

①表に返し袋口にステッチをかける

※ぬい始めとぬい終わりはぬい重ねる

7.

 

〇フリーアームにすると縫いやすいですよ

11

 

②返し口を縫い閉じて、タブにひもを通せば…完成!!

 

いかがでしたか?

直線縫いだけでできるので、作り方を覚えたら簡単にできますよ。

サイズを変えて親子お揃いにしても良いですね。

16

 

春のソーイング、楽しんでいきましょう!

次回のレシピ紹介もお楽しみに…♪

 

JANOME日記 トップへ