よくあるご質問

トラブルシューティング

ミシン操作でこんなことが起きたらまずチェック!チェックポイントを確認しても直らなかったり、チェックポイントに当てはまらない時は、お求めになった販売店や「ジャノメミシンお客様相談室」にご相談ください。

スタートボタンを押してもミシン(針)が動きません。

以下の点を確認してください。

●フットコントローラーを差し込んでいる状態でスタートボタンを押していないか。
フットコントローラーが差し込まれていると、スタートストップボタンは使用できません。

●「下糸巻き」モードになっていないか。
スタートボタンを押してモーター音(ウィーンという音)がする場合、「下糸巻きモード」になっています。ミシンのタイプによって対応が異なりますが以下をご確認ください。

■ 糸巻き軸を左に戻し、下糸モードを解除してください。

下糸巻きモード
下糸巻きモード

下糸巻きモード解除
下糸巻きモード解除

■ はずみ車の形状がはずみ車の中央に丸い溝があるタイプ
 はずみ車をミシン本体側へ押し込んでください。

はずみ車の中央に丸い溝があるタイプ

はずみ車をミシン本体側へ押し込む

■ はずみ車の形状がはずみ車の中にもうひとつつまみがあるタイプ
 はずみ車が回らないように押さえながら、大ねじをしめてください。

はずみ車の形状がはずみ車の中にもうひとつつまみがあるタイプ

はずみ車が回らないように押さえながら、大ねじをしめる

はずみ車が固くてまわりません。

天びん付近に糸が絡んでいる可能性があります。面板をあけて糸を取り除いてください。

縫っているときに大きな音がして、かまや布の裏側に糸が絡まって縫い進むことができません。

天びんや糸調子ダイヤルの横の溝から上糸が外れていないか確認し、外れている場合はかけ直してください。
上糸をセットする方法を教えて

天びんから上糸が外れていないか確認 糸調子ダイヤルの横の溝から上糸が外れていないか確認

布が針板にくいこんでしまい、外せません。

以下の手順で布と糸を取り除いてください。

① 電源スイッチを切る。
② 押さえ上げと針を上げハサミで布の裏の糸を切る。

押さえ上げと針を上げハサミで布の裏の糸を切る

③ 針板を外す。

針板を外す

④ ボビン、内がまを外し、絡まっている糸を切り取り除く。

ボビン、内がまを外し、絡まっている糸を切り取り除く

⑤ ボビン、内がまをセットし針板を取り付ける。
⑥ 上糸をかけ直す。

縫う時の音が高い(大きい)のですがどこか故障しているのでしょうか?

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●かまに糸くずが巻き込まれていないか
針板を外し、かまの掃除をしてください。
ミシンのお手入れ方法(かまのお手入れ)を教えて

●針が曲がっていないか
新しい針に交換をしてください。

●かまに注油が必要
下糸にボビンケースを使用するタイプの半回転かま(垂直がま)は、かまを分解し、注油してください。
垂直がまのお手入れ方法を教えて

※必ず付属の油さしを使用してください。
※注油後は必ず試し縫いをしてください。

何度縫っても針が折れてしまいます。

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●針が正しく取り付けられているか
針の外し方/付け方を教えて

●針が曲がっていないか
針を交換してください。

●針止めねじがゆるんでいないか
針の外し方/付け方を教えて

●上糸調子が強すぎないか
糸調子ダイヤルとはなんですか?

●縫い終わったとき、布を手前に引いていないか
布は向こう側に引きぬいてください。

●布に対して針が細すぎないか
布に適した糸と針の目安を教えて

●布に針がささっているときにダイヤルなどを無理に回していないか
ダイヤルは針を上げてから回してください。

上糸が切れてしまいます。

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●上糸が正しくセットされているか
上糸をセットする方法を教えて

●上糸の糸調子が強すぎないか
糸調子ダイヤルとはなんですか?

●針が正しくセットされているか
針を交換してください。

●先が丸くなった針や、曲がった針を使用していないか
針を交換してください。

●糸が針穴の前から後ろに通っているか
糸の通し方(糸通し器の使い方)を教えて

●布に適した糸や針を使用しているか
布に適した糸と針の目安を教えて

●古い糸を使っていないか
新しい糸に交換してください。

下糸が切れてしまいます。

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●下糸が正しくセットされているか確認し、もう一度糸をかけ直してください。

●内がまの中に、ごみがたまっている可能性があります。かまの掃除をしてください。

●ボビンにキズがあり、回転が滑らかでない可能性があります。ボビンを交換してください。

縫い目が飛んできれいに縫えません。

縫い目が飛んできれいに縫えまない

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●上糸が正しくセットされているか
上糸をセットする方法を教えて

●針が正しくセットされているか
針の外し方/付け方を教えて

●先が丸くなった針や、曲がった針を使用していないか
針を交換してください。

●布に適した糸や針を使用しているか
布に適した糸と針の目安を教えて

●押さえ圧は適正か
押さえ圧とはなんですか?

●伸縮性のある生地や薄い生地を縫っている場合
ミシンに付属のブルー針かHA×1SPを使用するか、芯地を貼って縫ってください。

縫い目にシワがよってしまいます。

縫い目にシワがよる

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●上糸調子が強すぎないか
糸調子ダイヤルとはなんですか?

●布に対して針が太くないか
布に適した糸と針の目安を教えて

●布に対して縫い目が粗すぎないか
縫い目の「幅(振幅)」と「あらさ」とはなんですか?

●押さえ圧が強すぎないか
押さえ圧とはなんですか?

または、以下をお試しください。
●薄い紙(トレーシングペーパー)を敷いて縫う。
●2枚以上重ねて縫っていて縫いズレする場合は「送りジョーズ」を使用する。

縫っていると、縫い目に輪ができてしまいます。

縫い目に輪ができてしまう 縫い目に輪ができてしまう

以下の点を確認してください。

●上糸調子が弱すぎないか
糸調子ダイヤルとはなんですか?

●糸に針が合っているか
布に適した糸と針の目安を教えて

直線縫いのときに上糸が強いのか下糸が布の表にポツポツ出てきてしまいます。

直線縫いのときに下糸が布の表にポツポツ出てきてしまう

いくつかの原因が考えられます。以下の点を確認してください。

●上糸が正しくセットされているか
上糸をセットする方法を教えて

●下糸(ボビン)が正しくセットされているか
下糸(ボビン)のセットの仕方を教えて

●糸調子の設定があっているか
「オート」「標準」「3~6」にセットされていますか?
糸調子ダイヤルとはなんですか?

●ジャノメ仕様のボビンを使用しているか
ジャノメのミシンには専用のボビンがあります。

●針が正しくセットされているか
針の交換の仕方を教えて

●先が丸くなった針や、曲がった針を使用していないか
針を交換してください。

布送りが上手くいきません。

いくつかの原因が考えられます。

●送り歯が下がっていないか
送り歯の上げ方を教えて

●かま内部に糸ほこりがたまっていないか
ミシンのお手入れ方法を教えて:かまのお掃除について

●縫い目のあらさが適正か
縫い目の「幅(振幅)」と「あらさ」とはなんですか?

●縫いたいステッチが選択されているか
模様縫いなどは直線縫いに比べて布の進みが悪いです。

ジグザグがキレイに縫えません。

ジグザグがキレイに縫えない ジグザグがキレイに縫えない

以下の点を確認してください。

●上糸が正しくセットされているか
上糸をセットする方法を教えて

●下糸(ボビン)が正しくセットされているか
下糸(ボビン)のセットの仕方を教えて

伸縮性のある生地、または薄い生地を塗っている場合

●布に適した針や糸を使用しているか
布に適した糸と針の目安を教えて

●布の内側を縫い、その後生地の端をハサミで切る

●3点ジグザグを使用する。(針落ちが多いため効果がある)

下糸が均等に巻けません。

糸巻き案内に糸が正しくセットされているか確認してください。
下糸(ボビン)の巻き方を教えて

ボタンホール縫いができません。

コンピュータミシンの場合
以下の点を確認してください。

●ボタンホール切り替えレバーが下がっているか
ボタンホールの縫い方を教えて

※ボタンホール切り替えレバーは糸通しレバーの後ろにあります。

ボタンホール切り替えレバー ボタンホール切り替えレバー

●ボタンホール押さえのボタン受け台が引き出されているか

引き出されていない状態
引き出されていない状態

引きだされている状態
引きだされている状態

引き出してボタンをセットした状態
引き出してボタンをセットした状態

ボタン受け台にボタンをセットすると、最適な長さのボタンホールを自動で縫うことができます。

メモリーボタンホール

メモリーボタンホール※など、ボタンをセットせずに縫うときもボタン受け台を引き出しておく必要があります。
※メモリーボタンホール:ボタンホールの長さを自分で決めて縫う縫い方。

電子ミシンの場合
以下の点を確認してください。

●縫い目のあらさをBHにセットしているか

●リセットして模様を選び直しているか
続けてボタンホールを縫う場合、一度ダイヤルを「1」または「2」方向にまわしたあと、再びボタンホール模様を選ぶ必要があります。この操作により、引き続きボタンホールを縫うことができます。

●布に対して縫い目のあらさがあっているか
電子ミシンの場合、ダイヤルが1に近付くほどあらくなります。

ぬい目のあらさ調節ダイヤル

PAGE TOP